「iPhone 6」の厚みは約6㎜と更に薄くなるものの、重さは若干増加か?!

本日、CrossMapというサイトが、次期iPhoneこと「iPhone 6」(仮称)の本体の厚みは「iPhone 5s」の7.6㎜よりも薄い約6㎜になり、重さは若干増加するといった噂があると報じています。

【image source:iPhone Soft

また、「iPhone 6」のデザインはバックパネルが3分割になっているなど、「iPhone 5s」と似たデザインが引き続き採用され、更に筐体は金属製になるそうです。

次期iPhoneはディスプレイサイズが4.7〜5.7インチほどに大きくなると言われており(2モデルあるとも言われている)、厚みは薄くなっても、本体が大きくなる事から重さは少し重くなるのかもしれません。

[via リンゲルブルーメン

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事