iPhone向けTwitterクライアントアプリ「Osfoora」の最新版「Osfoora 2」が登場

「Osfoora」と言えば「Tweetbot」が登場する前に軽快な動作が高評価を得て人気を集めたiPhone向けTwitterクライアントアプリですが、本日、その新バージョンである「Osfoora 2 for Twitter」がApp Storeにてリリースされました。


今バージョンでは、「iOS 7」への対応で完全に再設計が行われており、ストリーミングのサポート(Wi-Fi接続時)、バックグラウンド更新、ローカル通知、Safariのリーディングリスト/Pocket/Instapaper対応、インラインでの画像表示、マルチアカウントのサポート、メンションを交互に表示する「会話表示」、フォントサイズの変更、再生中の楽曲ツイートなどなど、書き切れないですが一通りの機能はほとんど搭載しています。


また、ツイートを左スワイプする事で、ツイートの各種情報のコピー、リツイート(公式&非公式)、お気に入り、会話表示などが行え、右にスワイプする事でタイムライン、メンション、DM、リストなどの表示を切り替える事が可能となっています。

なお、「Osfoora 2 for Twitter」の価格は300円で、旧バージョンのユーザーも購入が必要な新アプリとしてリリースされているので、ご注意を。

Osfoora 2 for Twitter
価格:¥300 (記事公開時)


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事