「iPhone」のクローンで有名なGoophone、今度はMetro UIを採用したスマートウォッチを発売

「iPhone」のクローンを販売している事で有名なGoophoneが、今度はMetro UI風のユーザーインターフェイス(ホーム画面のみ)を採用したスマートウォッチ「Goophone Smart Watch」を発売しています。

「Goophone Smart Watch」は実際にはAndroidを搭載したスマートウォッチで、1.54インチディスプレイ(240×240ピクセル)や1.2GHzのデュアルコアプロセッサ、512MBのRAM、4GBのストレージなどを搭載しており、下記の映像を見る限り、動作は結構軽快なようです。

また、独自に2G(GSM)ネットワークに対応しており、SIMカードを挿すとスマホとの連携なく通信が可能で、価格は249.99ドルで、ホワイトとブラックが用意されています。

[via BGR

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。