Microsoft、レアル・マドリードの本拠地「サンティアゴ・ベルナベウ」の命名権獲得に向け交渉中

「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」と言えばスペインのサッカー強豪クラブであるレアル・マドリードのホームスタジアムとして有名ですが、その「サンティアゴ・ベルナベウ」の命名権を巡ってMicrosoftとレアル・マドリードが交渉している事が分かりました。

(image source:deviantart)

交渉はMicrosoftの広報によって確認され、まだ交渉がどうなるのかは不明なものの、新スポンサーの企業名は現在のスタジアム名に加わるだけで、「サンティアゴ・ベルナベウ」の名が消えるわけではないとのこと。

なお、Microsoftはマーケティング戦略の強化が目的、レアル・マドリード側はスタジアムの改修資金の調達が目的の模様。

「マイクロソフト・サンティアゴ・ベルナベウ」とかになるんでしょうか…。

[via AFPBBNews / The Verge

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事