「Surface Pro 2」、ファームウェアアップデートの適用でバッテリー駆動時間が最大25%向上

Microsoftは10月の「Surface Pro 2」発売後すぐに同デバイス向けにファームウェアアップデートをリリースしており、アップデートではWi-Fiアンテナの新しいファームウェアが含まれていたのですが、Anandtechによると、同アップデートによりバッテリー駆動時間も最大で25%向上していた事が分かりました。

Anandtechは、同一設定にした「Surface Pro 2」でウェブブラウジングとビデオ再生の2通りのテストを行い、まずウェブブラウジングのテストではアップデート適用前だと6.68時間だったのに対し、アップデート適用後は8.33時間に向上していたそうです。

(image source:Anandtech)


次にビデオ再生のテストでは、アップデート適用前だと6.65時間だったのに対し、アップデート適用後は7.73時間とこちらも向上している事が分かりました。

(image source:Anandtech)


 ・Microsoft Store

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。