米ロサンゼルスの保安官代理、Lightningケーブルによって銃弾から救われる

現地時間の火曜日(10月29日)に米ロサンゼルスで2人の保安官代理が銃弾で負傷する事件があったものの、うち1人はポケットに入れていたAppleのLightningケーブルのお陰で助かっていた事が分かりました。

保安官を守ったLightningケーブルはUSBコネクタ部分が砕けており、この部分で銃弾をそらしたようです。

(image source:LA County Sheriff)

[via TUAW

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事