「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)」と旧モデルの比較ベンチマークテスト – GPU性能は最大65%向上

本日、Macwordが、先日に発売されたばかりの「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)」と旧モデルである「Early 2013」モデルとの比較ベンチマークテスト結果を公開しており、新型は旧モデルに比べグラフィックス性能が最大で65%も向上している事が分かりました。

まず、Cinebench r15′s OpenGLのベンチマークでは旧モデルより45〜50%もフレームレートが向上しており、Unigen’s Heavenのベンチマークではパフォーマンスが65%も向上しています。

なお、CPU周りの性能については数%の向上となっているようで、他のベンチマークテスト結果の詳細はMacwordへどうぞ。

[via Apple Indier

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。