Foxconnのトップが「iPhone」発注削減の報道を否定

先日、AppleがPegatronとFoxconnに対し「iPhone 5c」の2013年第4四半期分の生産量を減らすよう要請したとの情報がありましたが、EMSOneによると、Foxconnのトップである郭董事長がこの報道を否定する発言を行ったそうです。


同氏は同社社員を集めて開いた会合で「Appleからの2013年第4四半期分の受注は大丈夫だ」と述べたそうです。

また別記事によると、台湾のWistronも「iPhone」の受注に成功したようで、中国の江蘇省にある昆山工場を拡張する増資を発表したそうです。

【関連エントリ】
 ・Apple、「iPhone 5c」の生産量を削減か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事