「iPhone 5s」のモーションセンサーが不正確なのは加速度センサーの供給元が変わった事が原因??

先日、「iPhone 5s」と「iPhone 5c」のモーションセンサーが不正確である問題が一部で報告されている事をお伝えしましたが、MacRumorsによると、「iPhone 5s」の加速度センサーの供給元が「iPhone 5」から変更されている事が分かったそうです。


「iPhone 5」では加速度センサーはSTMicroelectronicsが供給していたものの、「iPhone 5s」ではBosch Sensortechが供給しており、両社のセンサーはゼロgオフセットの値が±20mg(STMicroelectronics)と±95mg(Bosch)と異なっており、この差により不正確な結果を表示するようになているのではないかとみられています。

なお、この値はソフトウェアにて訂正可能とのこと。

【関連エントリ】
 ・「iPhone 5s」のモーションセンサーが不正確な問題、「iPhone 5c」でも同様の問題が確認される
 ・「iPhone 5s」の「コンパス」アプリの水準器機能に不具合か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事