「iPad 5」は64bitのA7プロセッサを搭載し、フォームファクタの刷新が特徴に?!

AllThingsDによると、Cantor FitzgeraldのアナリストであるBrian White氏が、サプライチェーン関係者の話しとして、次期iPadのこと「iPad 5」はより薄く、より軽くなり、近年あまり変わっていないフォームファクタの”大規模なアップグレード”になるようだと報告しているそうです。

また、9 to 5 Macによると、調査会社Deutsche Bank Equity Researchのアナリストが、「iPad 5」は64bitのA7プロセッサを搭載し、PCの代わりにタブレットを使用する傾向を加速させるだろうと報告しているそうです。

なお、これまでに出てきている「iPad 5」に関する噂や情報をまとめると下記の通り。

 ・iPad miniと同じデザインを採用し、より薄く軽くなる
 ・カラーはスペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色に
 ・800万画素のiSightカメラを搭載
 ・Touch IDを搭載(噂)
 ・A7Xプロセッサを搭載
 ・iOS 7.1を搭載

【関連エントリ】
 ・「iPad 5」のホームボタン用フレキシブルケーブルの写真が流出
 ・次期iPadは「Touch ID」を搭載?? Unbox Therapyが部品の検証動画を公開

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。