iFixit、「iMac (Late 2013)」の分解レポートを公開

本日、iFixitが、昨日に発売されたばかりの「iMac (Late 2013)」の21.5インチ及び27インチモデルの分解レポートを公開しています。

内部構造は旧モデルから大きく変化していないもののいくつかの小さな違いがあり、21.5インチ及び27インチモデル共、使われていない「PCIe SSD」スロットが搭載されているそうです。

また、21.5インチモデルは初めてCPUがロジックボードに半田付けされており、CPUを交換する事が出来なくなっているそうです。

なお、分解レポートは下記リンクを参照して下さい。

 ・iMac (Late 2013) 21.5インチ
 ・iMac (Late 2013) 27インチ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。