「Surface 2」及び「Surface Pro 2」の2014年の販売台数は300万台に留まる見通し

本日、Microsoftが「Surface 2」と「Surface Pro 2」を発表しましたが、DigiTimesによると、同モデルの2014年の販売台数は300万台に留まるだろうとみられているようです。

販売台数の伸び悩みの原因は高い価格設定にあるとみられており、アプリ不足も一因と考えられています。

なお、参考までに現行の「Surface RT/Pro」の2013年前半(1〜6月)の販売台数は120万台と言われており、「iPad」の同期間の販売台数は3,400万台となっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。