「iPhone 5s」の「A7」プロセッサはSamsung製である事が判明

本日、Chipworksが、「iPhone 5s」に搭載されている「A7」プロセッサに関する調査結果を公開しており、「A7」プロセッサはSamsung製で、「M7」コプロセッサはNXP Semiconductors製である事が分かりました。

「A7」プロセッサはARMv8アーキテクチャを採用し、28nm HKMGプロセスで生産されており、ダイのサイズは「A6」の97㎟に対し、「A7」は102㎟と大きくなっています。

また、「M7」コプロセッサはCortex-M3ベースのマイクロコントローラー「LPC1800」をベースにしたものだそうで、iSightカメラのセンサーは従来と同じSony製とのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。