「MacBook Air (Mid 2013)」に「OS X 10.8.5」へアップデートするとFaceTimeカメラが正常に動作しなくなる不具合

iMoreによると、先日にリリースされた「OS X 10.8.5」にアップデートした後に「MacBook Air (Mid 2013)」の一部環境でFaceTimeカメラが使用出来なくなる不具合が報告されているそうです。

不具合はFaceTimeカメラを使用する32bitアプリ(SkypeやiMovieなど)で発生しており、「OS X 10.8.5」のアップデートで「CoreMediaIO」というプラグインもアップデートされたようですが、そのプラグインの32bit版が含まれていなかった事から同不具合が発生しているそうです。

また、この不具合はFaceTimeカメラでのみ発生しており、USBカメラなど外部接続したカメラでは発生しないとのこと。

不具合の改善には「OS X 10.8.5」に対するアップデートを待つしかないのですが、「Time Machine」を使用しているのであれば、過去に正常に動いていた時期のファイルからプラグインをコピーする事で緊急措置的な対応を行う事は可能な模様。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。