9月10日のイベントで次期iPadシリーズが発表される可能性は低い

Apple Insiderによると、Apple関連の情報には定評があるKGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleの部品サプライヤーは2013年第3四半期後半に次期iPadと次期iPad mini向け部品の出荷を開始し、両製品の量産は2013年第4四半期(10〜12月)になるようだと報告しているそうです。

この事から9月10日のイベントでは次期iPadシリーズは発表される可能性は低く、次期iPadはTDD-LTEをサポートし、China Mobileからも販売されるだろうとのこと。

また、次期iPad miniについては、Retinaディスプレイを採用し、A7Xプロセッサを搭載するものとみており、同氏は他にも2014年にA6プロセッサを搭載したiPad miniの廉価版がリリースされると予測しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。