SONYのレンズカメラ「DSC-QX10」と「DSC-QX100」の更なる詳細が明らかに

連日に渡りその情報が流出しているSONYのレンズカメラ「DSC-QX10」と「DSC-QX100」ですが、SonyAlphaRumorsによると、両製品はRAWをサポートしておらず、対応フォーマットはJPGのみになるとのこと。


また、両製品のスペックは下記の通りで、価格は「DSC-QX10」が約250ドル、「DSC-QX100」が約500ドルになるとみられており、今月末にも発売されるようです。

「DSC-QX100」
 ・2,000万画素
 ・f/1.8–4.9
 ・カールツァイスレンズ
 ・焦点距離は10.4〜37.1mm

「DSC-QX10」
 ・1,800万画素
 ・f/3.3–5.9
 ・Gレンズ
 ・焦点距離は4.45〜44.5㎜

【関連エントリ】
 ・SONYのレンズカメラ「DSC-QX10」と「DSC-QX100」の公式動画が流出

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事