Parallels、人気仮想マシン環境ソフトの最新版「Parallels Desktop 9 for Mac」を正式に発表

本日、Parallelsが、同社の人気仮想マシン環境ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」の次期バージョンである「Parallels Desktop 9 for Mac」を正式に発表しています。


「Parallels Desktop 9 for Mac」は米国では9月5日発売予定で、「OS X Mavericks」と「Windows 8.1」のサポートの他、パフォーマンスの改善、Windows環境でのThunderbolt/FireWireストレージへの対応、SkyDrive、iCloud、フォトストリーム、Dropbox、Google Driveなどのクラウド ストレージへの最適化、Windows 8/8.1の仮想マシン向けにWindows 7風のスタートメニューの追加などが特徴となっています。

なお、通常価格は79.99ドルですが、「Parallels Desktop 7/8 for Mac」のユーザーは49.99ドル(4,900円)で最新版にアップグレード可能となっており、本日よりアップグレード版のみこちらから購入可能で、今アップグレード版を購入するとiPadからMacとWindowsアプリケーションにリモートアクセスし、iPad上で利用できる「Parallels Access for iPad」が6ヶ月間無料(通常3,450円)で利用可能な特典もついてきます。


[via 9 to 5 Mac

【関連エントリ】
 ・Parallels、「Parallels Desktop 9 for Mac」を9月初旬に発売か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事