米ITC、SamsungによるAppleの特許侵害を認定

ブルームバーグによると、現地時間の9日、米国際貿易委員会(ITC)が、韓国Samsungが米Appleの特許を侵害したとの判断を下した事が明らかになりました。


ITCは、Samsungの一部製品がAppleの特許2件を侵害しており、残る4件の特許については侵害していないとの決定を下したとのこと。

また、ITCは、特許を侵害しているSamsung製スマートフォンの一部モデルの輸入及び販売を禁止する命令を出したそうです。

先日、ITCがSamsungが保有する特許1件をAppleが侵害したと裁定したことを受けて出していた「iPhone」や「iPad」の旧モデルの米国への輸入禁止命令をオバマ政権が拒否する事を発表していましたが、今回は全く逆の展開となっており、どうなるのか気になるところです。

【関連エントリ】
 ・オバマ政権、米ITCによる「iPhone」や「iPad」の旧モデルの販売禁止命令を拒否

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事