次期iPad miniはRetinaディスプレイを搭載し10〜12月に量産開始か?! 新たなカラーモデルも登場??

本日、WSJが、問題に精通した人物らによると、Appleは今年第4四半期(10〜12月)にRetinaディスプレイを特徴とした新しいiPad miniの量産を開始する為に準備を進めているようだと報じています。

次期iPad miniのサイズは現行と同じ7.9インチになり、Appleは他にも新しいカラーリングのリアケース(筐体)を検討しているとの情報もあるそうです。

また、次期iPad miniのディスプレイはSamsung DisplayとシャープとLG Displayが供給する予定で、Appleはまず最初にLG Displayとシャープのディスプレイを採用する予定だったものの、十分な量を確保する為にSamsungを加えた模様。
(現行のiPad miniのディスプレイはLG DisplayとAUOが供給)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。