大阪と名古屋での「iPhone 5」のパケ詰まり発生率 – SoftBank版は0%に

本日、MMD研究所が、2013年6月に調査・発表した「東京JR山手線でのWEB表示時間調査」の続編として、7月16日~19日、22日の平日に大阪・名古屋におけるパケ詰まりの実態調査行った結果を発表しています。


調査は前回同様、通勤ラッシュ・帰宅ラッシュ時に各キャリアのiPhone 5並びにAndroid端末を対象に、Yahoo!Japanのトップページが完全に開くまでの表示時間を計測したもので、調査スポットは大阪・名古屋の駅において乗降客数の多い各都市3駅(大阪:大阪駅、なんば駅、天王寺駅 / 名古屋:名古屋駅、栄駅、金山駅)となっています。

「iPhone 5」に関する今回の調査をまとめたものが下記の表で、SoftBank版は大阪・名古屋ともにパケ詰まりは発生せず、au版は大阪駅でのみ100回調査中53回(53.0%)のパケ詰まりが発生したようです。

(image source:MMD研究所)

また、Yahoo!Japanのトップページが表示されるまでの平均時間については、大阪・名古屋とも総じてSoftBank版の方が速い結果になっています。

なお、MMD総研が公開したデータにはAndroidに関する調査結果も掲載されているので、是hいご覧下さい。

【関連エントリ】
 ・「iPhone 5」のWEB表示時間とパケ詰まりの調査、SoftBank版が優勢に

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事