台湾AUO、次期iPad mini向けディスプレイのサプライヤー候補から外れる?!

Patently Appleによると、Appleが台湾の液晶パネル製造メーカーであるAU Optronics社を次期iPad miniのサプライヤー候補から外したようだとの情報があるそうです。


AU OptronicsはLG Displayとシャープと共に現行のiPad mini向けディスプレイを供給しているものの、同社が次期iPad mini向けの高透過液晶ディスプレイを開発する事が出来なかった為、Appleからの注文を獲得する事が出来なかったようです。

なお、Appleは次期iPad miniに酸化物半導体(IGZO)液晶ディスプレイを採用する予定で、LG DisplayはAppleからの注文を既に獲得しており、シャープは既に酸化物半導体(IGZO)ディスプレイを供給している事からサプライヤーとしてAppleの承認を得る事は特に問題ないとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事