Apple、開発者向けサイト「iOS Dev Center」と「Mac Dev Center」に不正アクセスがあった事を発表

先日より数日に渡りAppleの開発者向けサイト「iOS Dev Center」と「Mac Dev Center」のメンテナンスが続いていますが、本日、Appleが同サイトに不正アクセスがあった事を発表しています。

不正アクセスがあったのは現地時間の7月18日で、登録開発者の個人情報を入手する事を目的としたアクセスだったそうで、これにより同サイトを一時的に閉鎖しているそうです。

また、強力な暗号化が行われている事からアクセスすることは不可能であるものの、複数の開発者名やメールアドレスに関する情報にアクセスされた可能性は除外出来ないとのことで、現在は再発を防ぐ為、開発者システムを精査し、サーバーソフトウェアをアップデートしており、前データベースを立て直しているそうです。

なお、この期間中にメンバーシップの期限が切れた場合でも、アプリはApp Storeに残り、メンバーシップの期間も拡大されるとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。