Microsoft、「Windows 8.1」ではDPIスケーリング機能に200%の設定を追加

「Windows 8.1」では高精細ディスプレイがサポートされる予定ですが、本日、Microsoftが「Windows 8.1」でのDPIスケーリング機能の改善についての情報を公開しており、「Windows 8.1」では新たに”200%(Extra Large)”のスケーリングオプションが追加される事が分かりました。

「Windows 8.1」のDPIスケーリングに関する設定画面のスクリーンショットが下記画像で、現行の「Windows 8」では”150%”までとなっています。

(image source:Microsoft)

 ・Windows 8.1 DPI Scaling Enhancements – Microsoft

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事