「廉価版iPhone」のデザインの全貌が明らかに。筐体及びフロントパーツの写真や動画が公開される

MacRumorsによると、偽Android端末などを販売しているTechdyが、Appleの「廉価版iPhone」のものとされる筐体(バックシェル)とフロントパーツを撮影した写真や動画を公開したそうです。

Techdyによると、「廉価版iPhone」は全てのカラーモデルでブラックのフロントパネルが採用され、バックシェルの素材はプラスチックであるものの、安い感じは全くなく、SamsungのGalaxyシリーズなどに採用されているプラスチックよりもより丈夫に感じるとのこと。

また、映像を見ても分かる通りこの筐体はボリュームボタンやSIMカードスロットなどの穴がまだ開けられていない状態のもので、Techdyでは全部で40枚以上の写真が公開されているので、是非ご覧下さい。

なお、Techdyは早くもこの筐体のデザインを採用したAndroid端末「Basic Bear」も発表しており、9月に発売予定とのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。