日本マイクロソフト、「Surface」の量販店での販売実績は「iPad」を上回っている事を明らかに

CNET JAPANによると、日本マイクロソフトの樋口社長が2014年度の経営方針を発表し、その中で「Surface」の販売状況について「量販店では4週連続でiPadを上回る販売実績となっている」と明らかにしたそうです。

また、同社第1四半期(7~9月)中に法人向けの展開を開始する予定で、30人規模のSurface専任部門を設置するほか、米国で発表した教育分野に対するSurface RTの特別価格販売も日本での展開を検討しているとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。