NTTの副社長、ドコモが「iPhone」を販売することについて「手段としてある」との見解を明らかに

ロイターによると、NTTの渡辺大樹副社長が、本日開催された株主総会で、NTTドコモが「iPhone」を販売することについて「当面の競争に打ち勝つための手段としてある」との見解を明らかにしたそうです。

これは株主から「NTTはiPhoneを販売する必要がない」との指摘を受けた事に対する発言で、「iPhoneを販売していないことで、結果的にドコモがやや苦戦しているのは事実」と指摘し、「最終的にドコモが判断することだが、当面の競争に打ち勝つための手段としてあるだろう」と述べたそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。