ソフトバンク、7月1日より「iPad」と「iPad mini」を値上げへ

Appleは5月末に国内での「iPad」シリーズの価格を値上げしたものの、ソフトバンクモバイルやauは価格を据え置いていたのですが、ケータイWatchによると、本日、ソフトバンクモバイルが、「iPad」および「iPad mini」の価格を7月1日より値上げする事を明らかにしたそうです。


Wi-FiモデルはAppleと同じ価格になり、Wi-Fi+Cellularモデルの”実質価格”の価格改定の詳細は下記の通り。

【iPad Retina Cellular】
 ・16GB:0円 → 12,000円
 ・32GB:7,920円 → 24,000円
 ・64GB:15,840円 → 36,000円
 ・128GB:23,760円 → 48,000円

【iPad mini Cellular】
 ・16GB:0円 → 0円
 ・32GB:7,920円 → 12,000円
 ・64GB:15,840円 → 24,000円

なお、これに対しauは現時点で販売価格に変更はないと述べているそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事