Apple、先週リリースした「Java」アップデートに存在したバグを修正

先週、Appleより「Java」のアップデートである「Java for OS X 2013-004」と「Java for Mac OS X 10.6 Update 16」がリリースされましたが、9 to 5 Macによると、Appleがこれらアップデートに一部のJavaアプリケーションが動かなくなるバグが含まれていた事が判明した事と、バグを修正した新しいJavaアップデートをリリースした事を案内しているそうです。

インストール済みのJavaがバグがあるバージョンであるかを調べるにはターミナルに下記のコマンドを入力し、表示されたバージョンが”xM4508″の場合はバグがあるバージョンになり、”xM4508″だったユーザーは新たにこちらこちらからアップデートを手動でダウンロードしてインストールする必要があります。

/usr/libexec/java_home -v 1.6 -exec java -version

なお、最新版のバージョンは”xM4509″になり、そのバージョンがインストールされているのであればアップデートの再適用は不要です。

【関連エントリ】
 ・Apple、「Java for OS X 2013-004」と「Java for Mac OS X 10.6 Update 16」をリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。