廉価版iPhoneの組み立ては主にPegatronが受注か?!

本日、WSJが、問題に精通した人物らによると、今年後半に発売される事になっているローコスト版iPhoneの組み立ては主にPegatronが請け負うようだと報じています。


Pegatronは2011年より少量のiPhoneの生産を開始し、2012年からはiPad miniの生産を開始しており、これまでiPhoneの生産と言えばFoxconnでしたが、AppleとしてはPegatronを加える事により生産の遅れに繋がるリスクを分散させる意図があるようです。

なお、この件が関係しているのかは不明ですが、Pegatronは今年初めに従業員を40%増加させる事を発表しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事