「OS X 10.9」の開発状況はかなり進んでおり、7月に正式リリースされる可能性も?!

Apple Insiderによると、読者がWebkitバグレポートから5月8日の時点での「OS X 10.9」のビルドナンバーは「13A451」である事が分かり、過去のOS XのGMビルドのビルドナンバーから見ても、「OS X 10.9」の開発はかなり進んだ状況にある事が分かったそうです。

ビルドナンバーの下3桁は開発されたビルド数を示しており、この数字が高いほどより多くのビルドを開発している事になり、過去のOS XのGMビルドに近い数字になっています。

過去にビルドナンバーが500を超えたのは「OS X 10.5 Leopard」と「OS X 10.7 Lion」とメジャーアップデートの時で、「OS X 10.9」は「WWDC 2013」の約1ヶ月前の5月8日の時点で「451」まで開発されている事から現在は「500」を超えている可能性もあり、大きなアップデートである事が予想されます。

また、「WWDC」では開発者に安定したGMビルドに近いバージョンが配布され、「WWDC」後1ヶ月半ほどで正式にリリースされる可能性があるとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。