Apple、「WWDC」ではより薄型化した「13インチ MacBook Pro with Retina」や次期「MacBook Air」などを発表か?!

Apple Insiderによると、Apple製品の予想では定評のあるKGI証券のアナリストのMing – Chi Kuo氏が、「WWDC 2013」ではCPUがアップグレードされた「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」と「MacBook Air」の新モデルが発表されるだろうと予想しています。


まず、次期「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」に関しては、13インチモデルがより薄型化され、1080pもしくはフルHDに対応したFaceTime HDカメラが搭載されるだろうとのこと。

次に、次期「MacBook Air」は既存モデルと同じデザインを採用し、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」に採用されている「デュアルマイク」を新たに搭載するものとみられています。

そして、これら「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」と「MacBook Air」の次期モデルにはIntelの第4世代Coreプロセッサである「Haswell」が搭載されるものの、「MacBook Pro」はCPUのアップグレードは行われず、今後も「Ivy Bridge」ベースの「MacBook Pro」が販売され続ける事を期待するが、恐らく将来的には販売終了となるだろうと予想しています。

なお、期待される「MacBook Air」へのRetinaディスプレイの搭載に関しては何も触れられていないので、やはり次期「MacBook Air」ではまだRetinaディスプレイは採用されないのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事