Apple、今年9月に「iPhone 5S」と「ローコスト版iPhone」を、来年4〜6月に「大画面版iPhone」を投入か?!

EMSOneによると、大和証券のアナリストである呂家霖氏が、Appleは2013年第3四半期(7〜9月)から2014年第2四半期(4〜6月)にかけてタイプの異なる計3モデルの「iPhone」を投入するとの見方を明らかにしたそうです。


3つのモデルとは、フラッグシップモデルの「iPhone 5S」、ミドルレンジの「ローコストモデル」、「大画面モデル」の3つで、「iPhone 5S」と「ローコストモデル」は2013年9月、「大画面モデル」は2014年第2四半期に投入されるとみられています。

なお、予てから噂されている廉価版iPhoneについては、ローコスト版になるとみており、販売価格は450USドル前後と市場が予想しているほど安い水準にはならないと予想しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事