Appleの「iWatch」は生体認証機能などを搭載し、2014年後半に登場か?!

Apple Insiderによると、過去に正確な予測をした実績があるKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleは「iWatch」を来年後半にリリースするだろうと報告しているそうです。


Appleは腕時計型デバイス「iWatch」でウェアラブルコンピューティング市場に参入し、「iWatch」は日本及び韓国のサプライヤーが供給する1.5インチもしくは2インチのディスプレイを採用し、「iPad mini」などで採用されているタッチスクリーン技術「GF2」を採用する可能性があるとのこと。

また、Kuo氏は「Watch」という単語に惑わされてはいけないと述べており、「iWatch」は他のApple製品からの情報を表示するだけでなく、より安全なユーザー認証などに利用可能なバイオメトリクス機能が搭載され、歩数計や心拍数モニターなどが組み込まれる可能性もあると予想しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事