次期iPadはまもなく試作開始で、早ければ9月に発売か?!

DigiTimesが、台湾のサプライチェーンの情報筋によると、9.7インチの第5世代iPadの試作がまもなく開始され、7月より量産が、9月より出荷が開始されるようだと報じています。


早ければ9月に発売されるものとみられている次期iPadは、ディスプレイはガラス基板が0.25㎜から0.2㎜へと更に薄いものに変更されるものの、解像度は現行と同じ2048×1536ピクセルで、より細いベゼルデザインが採用されるとのこと。

また、次期iPadのタッチパネルは「iPad mini」と同じ「GF2」(GF Ditto)というタッチスクリーン技術を採用し、LEDバックライトの数は現行の2本から1本に変更され、これらにより現行モデルより25〜33%軽くなると予想されています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事