Intelの前CEO、初代iPhone向けのチップ供給を見送っていた事を明らかに

CNET JAPANによると、Intelの前CEOであるPaul Otellini氏が、初代iPhone向けのチップを供給するという同社史上最大の機会の1つを見送っていた事を明らかにしたそうです。


合意に至らなかった理由は、Appleが提示した金額とIntelが考えていた金額と間に大きな差があった為で、この差は生産量を増やすことで埋め合わせられるようなものではなかったものの、今思うとIntelが当時に予測したコストは間違っており、生産量はあらゆる人が考えていた量の100倍だったと同氏は述べたそうです。

モバイルデバイス向けチップで遅れをとってしまったIntelですが、AppleとIntelはiOSデバイスに搭載されている”A”シリーズプロセッサを生産する事について協議していると噂されています。

【関連エントリ】
 ・Appleの「A7」プロセッサの注文の10%をIntelが獲得か?!
 ・Intel、「A」シリーズプロセッサの生産に向けAppleと協議か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事