Apple、App Storeからのアプリダウンロード数が500億を突破した事を正式に発表

本日、Appleが、App Storeからダウンロードされたアプリケーションの数が500億本を超えたことを正式に発表しています。

App Storeでは1秒当たり800本以上のアプリケーションがダウンロードされており、この勢いは1ヶ月当たり20億本以上に相当するとのこと。

また、500億本目のアプリケーションはSpace Inch, LLCの英語ゲームアプリ「Say the Same Thing」で、見事に500本目のアプリをダウンロードして10,000米ドル分のApp Storeカードを手に入れたのはオハイオ州メンターのBrandon Ashmoreさんだそうです。

Say the Same Thing
価格:無料 (記事公開時)

【関連エントリ】
 ・「App Store」からのアプリダウンロード数が500億に到達
 ・Apple、アプリダウンロード数が500億に達する事を記念し「500億Appカウントダウンプロモーション」を開始

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。