「iPhone 4」の電源ボタンの欠陥で集団訴訟に

先週、カリフォルニア州サンノゼで「iPhone 4」の電源ボタンに問題があるとしてAppleに対して集団訴訟が起こされていた事が分かりました。


集団訴訟を起こしたのはフロリダ州在住のDebra Hiltonさんで、Appleが「iPhone 4」の電源ボタンを制御するフレキシブルケーブルに欠陥があったにも関わらず販売を続けたと主張しており、Appleに対し500万ドル(約5億円)の損害賠償を求めています。

なお、この事に関するAppleサポートコミュニティのスレッドは82万ビューを超えており、「iPhone 4」と言えばアンテナ問題もありましたが、何かと話題の多いモデルですね。

[via TUAW

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事