JR東日本、サービス品質の向上の為に7,000台の「iPad mini」を導入へ

ZDNet Japanによると、ソフトバンクテレコムが、JR東日本に対し7000台の「iPad mini」を提供する事を発表したそうです。


「iPad mini」は運転士や車掌といった乗務員に配布され、輸送障害時の迅速な対応や案内などのサービス向上が目的で、ダイヤ回復にかかる時間の短縮や、様々なアプリを活用して顧客への案内などのサービス品質の向上に対し活用されるとのこと。

また、乗務員が常時携行するマニュアル類の電子化をサポートし、コンテンツの更新や管理の作業の軽減も進められるようです。

[via リンゲルブルーメン

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事