Windows開発責任者が「Windows 8.1」でのスタートボタンの復活を示唆

The Vergeによると、ニューヨークで開催されたWired Business ConferenceでMicrosoftのWindows製品開発の責任者であるジュリー ラーソン-グリーン氏が、同社が「Windows 8.1 (Blue)」では予てから噂のある「スタートボタン」の復活を示唆する発言を行ったそうです。


同氏は、「Windows 8.1」では過去のWindowsの機能を復活させる事を検討している事を明らかにし、その上で「スタートボタンが使い易いと思う一部のユーザーもいるだろう」と述べたそうです。

復活すると言われているスタートボタンは、従来のスタートメニューにアクセスする為のものではなく、「Windows 8」のチャームバーにある「スタート」チャームと同じようにスタートスクリーンにアクセスする為のボタンになるとの情報もありますが、果たしてどうなるのでしょうか…。

なお、現在までにリークされている「Windows 8.1」の開発ビルドではまだその徴候は見つかっていません。

【関連エントリ】
 ・「Windows 8.1」ではスタートボタンが復活も、あくまでスタートスクリーンへのアクセス用か?!
 ・「Windows 8.1」ではスタートボタンが復活か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事