Adobe、次期「Creative Suite」をリリースせず「Creative Cloud」に移行する事を発表

本日、Adobeが、開催中のAdobe MAXカンファレンスにて、今後は「Creative Suite」の次期バージョンをリリースせず、月額50ドルで提供する「Creative Cloud」などのサブスクリプションプランへ移行する事を発表しました。

同社の製品マーケティング担当シニアディレクターであるScott Morris氏は「Creative Suiteツールやスイートの新たな永続ライセンス版をリリースする予定は現時点ではない。今後はCreative Cloudのみに焦点を絞って注力していく」と述べ、「Creative Suite 7」はリリースされずに「Creative Cloud」のブランドに統一されるとのこと。

なお、新しい「Creative Cloud」には、「Photoshop」、「Illustrator」、「InDesign」、「Refine Edge」ツールが含まれ、現地時間の6月17日にリリースされます。

[via CNET JAPAN

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。