Apple、市場の反応を見るために発売当初は「廉価版iPhone」の出荷台数を抑える方針か?!

DigiTimesによると、Appleは市場の反応をテストする為にまず250万〜300万台の「廉価版iPhone」を発売する事を計画しているとの観測が台湾のiPhoneのサプライチェーンの間で広まっているようです。


また、「廉価版iPhone」はA6プロセッサと4インチのLTPSディスプレイを搭載し、筐体にはプラスチックが採用され、組み立てはFoxconnとPegatronなどの既存のODMパートナーに発注されるものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事