2013年第1四半期の「iPad」シリーズ全体の出荷台数のうち64%が「iPad mini」だった事が明らかに

DigiTimesが、サプライチェーンの関係者によると、2013年第1四半期(1〜3月)の「iPad」の出荷台数は1950万台で、そのうちの64%である1250万台が「iPad mini」だった事が分かったと報じています。


去年7月に発売されたGoogleの「Nexus 7」の累計出荷台数は400〜450万台と予測されており、7〜8インチタブレット市場では「iPad mini」の出荷台数が断トツである事が分かります。

なお、情報筋は次期iPad miniは早ければ8月にも発売されるだろうと述べているそうで、Googleは5月に次期Nexus 7を発表し、7月に大量出荷を開始するとのこと。

[via リンゲルブルーメン

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事