「Windows 8.1 Preview」や「Windows Server 2012 R2」の名称が確認される

Neowin.netによると、流出した「Windows 8.1 Build 9374」の「basebrd.dll.mui」ファイル内に「Windows 8.1 Preview」や「Windows Server 2012 R2」といった名称が記述されていることが分かったそうです。

この事から6月に開催される「BUILD 2013」カンファレンスにて発表されることが予想できる「Windows 8.1 」のプレビュー版は「Windows 8.1 Preview」と呼ばれることが確実で、他にも「Windows RT」は「Windows RT 8.1 Preview」、「Windows Server 2012」は「Windows Server 2012 R2」と呼ばれることが予想できます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。