iPhone 5Sは8〜9月、次期iPad mini・次期iPad・Retina搭載MacBook Airは7〜9月に登場とアナリストが予想

CNET NEWSによると、Citigroup Capital MarketsのアナリストであるGlen Yeung氏が、「iPhone 5S」の発売時期は量産の問題から当初予想していた7月から8〜9月に遅れる可能性があると報告しているそうです。

「iPhone 5S」はより良いプロセッサとカメラ、NFC、新しいカラーラインナップが特徴となり、同氏は他にもRetinaディスプレイを搭載したモデルと非搭載モデルの2つの「次期iPad mini」、より細いベゼルデザインを採用し、より薄型軽量化された次期iPad、Retinaディスプレイを搭載した次期MacBook Airが2013年7月~9月に登場するだろうと予想しています。

なお、噂のある「廉価版iPhone」や「iPhone 6」の発売時期については不明とのこと。

[via ガジェット速報

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。