Intel、性能を向上させ消費電力を削減する「Intel HD Graphics 4000」向けのドライバアップデートを提供へ

electronistaによると、Intelが「Ivy Bridge」マイクロアーキテクチャに内蔵されたGPU「Intel HD Graphics 4000」向けのドライバアップデート(v.15.31)をまもなくリリースする予定である事を発表したそうです。


このドライバアップデートにより、10%の性能向上と消費電力の削減が行われ、他にもOpenCL 1.2のサポートやバグフィックスも含まれているそうです。

アップデートのリリース時期は4月の予定で、このアップデートは本来、6月以降に登場予定の次期Core iプロセッサ「Haswell」向けに設計されたものの「Ivy Bridge」でも利用可能になるとのこと。

なお、同GPUはAppleのMacBook AirやMacBook Proシリーズにも搭載されており、IntelはMacBook Air/Proシリーズ向けの同ドライバをいつ頃に提供する予定かは何も明らかにしたかったそうですが、近いうちにAppleからファームウェアアップデートとして提供されるものと予想されています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事