Googleが開発中と噂のクロスプラットフォームメッセージサービスの正式名は「Babble」ではなく「Babel」!?

先日、GoogleがGoogle TalkやGoogle+ Messenger、Gmailチャットなどの様々なメッセージングサービスを1つに統合した「Google Babble」と呼ばれるクロスプラットフォームメッセージサービスを開発しているとの情報が報じられましたが、Droid-Lifeによると、Google内部では「Babble」ではなく「Babel」と呼ばれており、現在はGoogleのスタッフによってテストされているようです。

また、「Babble」のサービスには、Android、iOS、Chrome、Google+、Gmailなどのユーザーにシームレスなメッセンジャー体験を提供するいくつかの鍵となる機能が含まれるものと予想されるとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。