台湾のInnolux、次期iPad mini向けタッチパネルを供給か?!

Taipei Timesによると、NPD DisplaySearchのDavid Hsieh氏が、Appleは次期iPad miniでは台湾のInnoluxと中国のCentury Displayのタッチパネルを採用するようだと報告しているそうです。


Innoluxは今年末までにはスマートフォンとタブレット向けのタッチパネルを出荷する予定とのこと。

現行のiPad miniにはSamsung製のディスプレイが採用されていますが、これまでの情報では次期iPad miniのパネルはLG Display、AUO、ジャパンディスプレイ、シャープなどが供給すると言われており、今回の情報と合わせてもSamsungの名前が一つも出てこない事から、先日にあった情報通り(関連エントリ参照)、次期iPad miniではSamsungはディスプレイのサプライチェーンから本当に外されるのかもしれません。

【関連エントリ】
 ・次期iPadと次期iPad miniでSamsung Displayはサプライチェーンから外れる?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事