「iOS 6.1.3」でもバッテリーの減りが早くなる問題が報告されている模様

バッテリー駆動時間が短くなる問題は「iOS」のアップデート毎に報告される問題となりつつありますが、ZDNetによると、先日にリリースされた「iOS 6.1.3」でも、一部のユーザーがアップデート後にバッテリーの減りが早くなったとの報告しているそうです。


問題を報告しているあるユーザーによると、アップデート後にバッテリーの減りが異常に早くなったそうで、1時間もしないうちにバッテリー残量が15%も減っているとのこと。

また、同問題はキャリアやモデルに関係なく発生しているようで、リセットなどを行っても改善しないとの報告もあるそうです。

「iOS」のアップデート時に毎回同じような問題を報告するユーザーが一定数いるように思われるので、「iOS」のバージョンごとの固有の問題というよりも「iOS」のアップデート時に何らかの不具合が起きて発生しているものと予想されます。

【関連エントリ】
 ・「iPhone」の不満点、1位はバッテリー駆動時間で、2位は新機能の不足

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事