Apple、屋内位置情報サービスを提供するWiFiSLAM社を買収

本日、WSJが、問題に精通した人物によると、米Appleが、屋内でもユーザーの位置情報を特定し、それをもとにサービスを提供できる技術をもつベンチャー企業のWiFiSLAMを買収したようだと報じています。

Appleの広報担当者はこの買収の事実を認め、その買収額は2,000万ドル(約19億円)と言われており、WiFiSLAM社が開発している技術についてはWirelessWire Newsが過去にその詳細を伝えています。

GPSでは難しい屋内にいるスマートフォン・ユーザーの位置情報を、近隣にあるWi-Fiアクセスポイントとの距離から(電波の強弱などを元に)割り出し、さらにスマートフォンに内蔵される加速度センサーやコンパスからのデータをこれにくわえることで数十センチ〜数メートル(”within a few steps”)の誤差で捕捉し続けることが可能…
(引用元:WirelessWire News)

買収の意図は不明ですが、Googleは既に一部の国や都市などでGoogle マップでの屋内地図参照や屋内位置情報のサービスの提供を開始していますが、Appleもこれに続くのでしょうか??

なお、この買収に伴うものかは不明ですが、WiFiSLAMの公式サイトは既に繋がらなくなっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。