Apple、自社施設の使用エネルギーのうち75%が再生可能エネルギーである事を発表

本日、Appleが同社の環境面における改善の進捗を記した年次環境報告書の最新版を公開し、世界中にある同社施設で使用される75%が再生可能エネルギーになっている事を明らかにしています。

(image source:Apple)

また、テキサス州オースティン、カリフォルニア州サクラメント、ドイツのミュンヘン、アイルランドのコークの施設やクパチーノの本社キャンパスでは、再生可能エネルギーのみで100パーセント給電している事も発表されています。


なお、この報告書と共にメイデンにあるデータセンターやソーラーファームの写真などを公開しており、その一部が下記画像です。

(image source:Apple)

(image source:Apple)

(image source:Apple)

[via CNET JAPAN

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事